予備校のデメリットは

受験対策に予備校を利用する場合

予備校は受験に役立ちますが

受験対策として予備校を利用することは、もちろんメリットや役立つ部分もたくさんあります。難しい科目や分野も分かりやすく教えてもらえますし、分からないことがあれば講師に質問することもできます。他にも、アシスタントによる個別相談であったり、自習室や試験情報の提供など、受験で合格するための環境がしっかりと整っています。ただ一方で、予備校を利用することは必ずしもいいことばかりではなく、デメリットがあることも覚えておかないといけません。費用に関することはもちろんですが、それ以外の受験対策に関わるデメリットについて知っておくようにしましょう。例えば、予備校を利用することによって、どうしても独学での勉強を疎かになってしまうことも多いです。当然ですが、合格を目指すためには自主学習もしっかりと行わないといけません。予備校の講義だけで満足してしまうと、結果として受験に失敗してしまうかもしれないのです。また、家庭教師や個別指導と違って、予備校の場合は形式的な指導となってしまうので、それでもデメリットとなってしまいます。要するに、すでにマスターしている分野は指導してもらう必要もないでしょうし、逆に苦手な分野をじっくりと教えてもらうなど、そういった臨機応変な指導ができないのです。

受験の基礎情報

↑PAGE TOP

Menu