受験に予備校を活用する意味とは

受験を控えて予備校に行く人は多いですが、学生たちが通うのには理由があります。一番のメリットは、絶対に志望校に合格してやるという意欲の高い学生ばかりだという事が挙げられます。一人で勉強していると、やっているつもりになってしまったり、できているつもりになってしまったりする事があります。ところが、同じ教室で受験勉強に取り組む事でモチベーションが上がります。これを心理学では共行為効果と呼びます。周りの皆はあんなに頑張っているのだから、自分も頑張らねばという気持ちに自然となれる、刺激が得られるのは重要な事です。予備校の講師陣は、受験のプロというのも大きなメリットです。試験で出る問題、箇所を把握しているので、随時授業を通して教えてもらえます。独学だと過去問を使ってどういった問題が出題されるのかを、自分で分析する必要があります。ところが、この手間を大きく省略できるのは、受験生にとって大変ありがたい事です。さらに、予備校に通うメリットとして、今まで気が付かなかった情報を得られる事が挙げられます。同じ学校に通う学生同士だけでなく、学校外にも友人ができる事で、極めて重要な情報を知る事ができることもあります。このように予備校に通う事で、効率的に受験対策を進める事ができるようになります。

↑PAGE TOP

Menu